請求・入金・得意先元帳印刷

請求業務 正確ですばやい請求処理

スピーディな請求処理

売上、入金の取引情報なら請求データを得意先の締日に合わせて簡単作成。前月までの請求残や請求時の値引きにも対応しています。

得意先の指定フォーマットに柔軟に対応

明細の印刷方法は集計部のみの合計型、取引明細を載せた明細型、伝票単位取引の伝票合計型とさらに明細も載せた明細伝票合計型、商品別に集計した明細商品集計型の5種類を用意。得意先からの指定請求書にも柔軟に対応します。

簡単集計

得意先の請求形態に合わせて、月3回までの締日指定が可能。不定期な都度請求の得意先も締めたい日付を入力するだけで集計ができます。集計処理は何度でも実行可能で、集計処理後にミスが見つかっても簡単にデータの修正ができます。

親子請求形態の対応

納品書は支店宛てに発行し、売掛は支店分も含めて本社に合算請求する親子関係のケースにも対応しています。

請求漏れや未請求を未然に防ぐ

請求書を印刷する前に納品書の売上単価が0のデータを一覧表で確認でき、請求漏れをふせぎます。
また、請求一覧表は請求書印刷前の請求金額の確認票として印刷したり、担当者別に印刷することで得意先売掛残高のチェックとして使用することが可能です。

入金・回収管理 入金回収漏れを防御

得意先毎の入金情報や回収状況を確認

入力した入金データをもとに担当者別得意先ごとの回収状況を一覧表で確認することが可能。回収日別回収予定表では、請求金額に対する回収額や滞留残の把握ができます。また、回収状況一覧表では、月別の入金、回収、滞留、翌月以降の回収予定額が確認票できます。

入金消込管理

入金消込管理では、請求データを請求先ごとに請求単位/伝票単位/明細単位で消込を行うことが可能。消込と未消込情報を請求先別に確認できるので回収状況を管理することが可能です。

得意先元帳印刷 売上帳へ自動転記

市販の売上帳へ印字可能

表裏のある市販の売上帳にも印刷ができます。また、追記機能を装備し、「先月の続きから」や「今日は○○まで」印刷することが可能です。

様々な明細の印刷方法

転記方法も、伝票単位の伝票合計型、取引明細をのせた明細型、2つを合わせた明細伝票合計型、入金データのみ明細を印刷する伝票合計入金明細型から選択することができます。もちろんページプリンタ用紙や連続用紙への印刷もOK。業務に合わせてお選びいただけます。

楽一に関するおすすめ記事

  1. c561d52a81b982d24f5890bd0205d95f_s
    ランサムウェア(マルウェアの一種)の被害が国内でも広がっています。
  2. 6542ef7f3f11321fc0e1482fca958907_m
    そもそもマイナンバーとは国民各一人一人に付与された12桁の番号のことで、赤ちゃんも出生したタイミ...
  3. efc345efa29c0791864968e6d531b910_m
    楽一は販売管理や売り上げ管理を行うための専用機で、専用機ならではのメリットというものが多々あります。