標準機能

データ変換機能 入力、集計したデータを外部出力

拡張出力機能

売上システム・仕入システム・在庫システムの出力系業務にて、印刷プレビューしたデータをデータ変換する機能を用意。PDFやJPEGなどのイメージファイルやCSV・TEXTなどのデータファイルとして出力することができます。出力したファイルはメールへの添付やデータの加工に利用することが可能です。

電子ファイリング キーワードから一発検索

電子ファイリング機能

見積書や納品書の印刷データを電子帳票データとして保存。保存後の電子帳票データを条件検索し閲覧、またその結果を複写して新たな帳表を作成することができます。

串刺し機能で一括検索

売上伝票や請求書など異なる伝票や管理表を共通のキーワードで検索する機能を搭載。
検索時間短縮に役立ちます。

デジタルインク 手書きの絵や図を入力、そのまま印刷

ペンタッチで図示

見積書や納品書など、伝票イメージ。使用した入力では、画面に専用ペンで絵や図を書き込むことができ、そのまま印刷・保存することが可能です。もちろん、図示したデータも電子帳票データとして保存することができます。
※デジタルインク機能を使用するには、専用ハードウェアが必要になります。

ドリルダウン 取引画面から伝票起動

照会業務→誤り発見→その場で修正

取引明細を確認する照会業務で間違いを見つけたら、すぐに伝票入力画面を起動し、即座に修正することができます。また、修正後はそのまま印刷することも可能です。

ネットワーク対応 ネットワーク活用で経営に必要な情報を一元管理

販売管理データの一元管理

ネットワーク環境を利用して複数台のコンピュータでEX/EX-Srim販売管理システムを同時に運用することが可能。同一業務が複数担当者をまたぐ場合や部門ごとに内容が分散している業務をリアルタイムで一元管理でき、業務の効率化に貢献します。

社内セキュリティ

EX/EX-Srim販売管理システムへのログインを担当者毎に設定することが可能です。

WAN構成にも対応

遠隔地の拠点をネットワークで結ぶWAN構成にも対応。複数拠点の売上・仕入・在庫データをリアルタイムで一元管理することが可能です。

拠点管理 複数拠点の運用にフレキシブルに対応

本社で集約、拠点で柔軟に運用

マスタや取引データを本社サーバで一元管理すると同時に、伝票入力時は他拠点の得意先や商品マスタが表示されないようにする絞込み表示が可能です。
また、請求・支払業務、元帳管理なども拠点ごとに処理可能で、売掛・買掛残高についても拠点別に管理されます。
※EX販売管理システムのみの機能になります。

予実管理 予算進捗をリアルタイムで把握

リアルタイムで実績管理

担当者、得意先、商品別に予算管理が可能。予算と売上実績を比較することにより達成率の確認がとれます。
予算登録業務では、予算の管理対象を純売上金額/粗利金額/粗利率から選択できます。
※EX販売管理システムのみの機能になります。

楽一に関するおすすめ記事

  1. c561d52a81b982d24f5890bd0205d95f_s
    ランサムウェア(マルウェアの一種)の被害が国内でも広がっています。
  2. 6542ef7f3f11321fc0e1482fca958907_m
    そもそもマイナンバーとは国民各一人一人に付与された12桁の番号のことで、赤ちゃんも出生したタイミ...
  3. efc345efa29c0791864968e6d531b910_m
    楽一は販売管理や売り上げ管理を行うための専用機で、専用機ならではのメリットというものが多々あります。